老化で体力が戻らない

年齢を重ねるたびに、基礎体力の大切さを痛感します。一週間程風邪をひいて寝込み、ようやく勝利は収めたものの、その後遺症に悩まされています。基礎体力が戻らないのです。こうやって、人間は歳を重ねていくのだと実感しました。

そして一番驚いたのが、胃腸が自分の好みを忘れたのか、大嫌いだった納豆を食べられるようになったことです。風邪の菌は駄目でも、納豆は大丈夫というのはとても不思議ですね。

私の場合、そもそも食事の時間が不規則で、好きなものしか食べません。食欲の秋だとたくさん食べれば、朝食を抜いたりしています。そんな私が風邪をひくのは当然で、心を入れ替えてこの生活を変えなければいけません。

とにかく無理をしないこと。襲ってきた眠気をカフェインドロップで抑えるよりも、眠い時には寝てしまおう。いくら仕事が多くて机から離れられなくても、屈伸運動くらいはやろうと思います。明日の健康のために、今日は散歩をしてきます。

コメントを残す