大宰府などについて勉強した

勉強をしました。律令による政治をになった中央官庁は、二官八省です。二官とは神祇官と太政官で、祭りをつかさどる神祇官に対し、太政官国政を担当しました。

太政官では左大臣・右大臣のほか上級の役人たちによる会議が行われ、その結果をふまえて天皇が決定をくだす形式をとりました。

太政官の下には実務を担当する8つの省(八省)がおかれて各分野の政務を分担しました。各役所には、長官・次官などの管理職がおかれて、その下の役人たちを指揮しました。

全国は畿内・七道に行政区分され、その下に国・郡・里が設けられました。役人としての国司は中央からそれぞれの国に派遣され、郡ごとに現地の豪族から任命された群司たちを指揮して、人民を戸籍に登録し、これを50戸ずつの里に編成しました。

里には里長をおき、これによって律令政治をすみずみにまでいきわたらせました。また、重要な地域として九州に大宰府をおくなどしました。

これら中央・地方の役所に勤務する役人には、位階とこれに応じた役職に対する給与として田地などがあたえられ、大部分の税も免除されました。http://www.emmaheeney.com/