スポーツ振興法などについて

勉強をしました。1961年に制定されたスポーツ振興法は、わが国のスポーツ振興に関する施策の基本を明らかにした法律です。

体育指導委員を制度化することや、各都道府県にスポーツ振興審議会を置くことが示されました。体育指導委員は1957年以降、各自治体に配置され(現在は教育委員会が委嘱)、市町村のスポーツ振興に貢献しています。

また、2000年にはスポーツ振興法にもとづいて、長期的・総合的な視点から国がめざすべきスポーツ振興基本計画が定められました。

1970年代以降、ヨーロッパを中心にして性・年齢・階層などのあらゆる差異をこえてスポーツの普及振興をはかるために展開された、スポーツ・フォー・オール運動という新しい理念やスローガンを示す言葉です。

この言葉が初めて使われたのは1966年のヨーロッパ会議ですが、1975年に第1回ヨーロッパ・スポーツ担当閣僚会議で「ヨーロッパ・みんなのスポーツ憲章」として採択され、1978年のユネスコによる「体育・スポーツ国際憲章」によって世界的に広がりました。イビサクリームの口コミを検証